弁護士に相談するメリット

近時,民泊をめぐる法の整備が急速に進みました。しかしながら,法の規定だけからは,どこまでが許されてどこからが許されないのか,直ちには明らかになりません。このようなことから,民泊をビジネスとして考える場合,先行きが不透明になってきているものと言わざるを得ません。

法の適用範囲は,裁判所の判決の集積(判例)によって定まることが多く,これを予測して対応策を講じることは弁護士が最も得意とするところです。従いまして,紛争が生じてからは勿論のこと,紛争が生じる前の予防として弁護士に相談することは,皆様に安心して民泊ビジネスを行って頂くために,重要なことだと考えております。

皆様からのご相談をお待ちしております。

returnTOP写真